プチ断食中のコーヒーはOK?適している飲み物も紹介♪

プチ断食は、半日や1日から始められる断食で、ダイエット効果だけでなく、美容や健康面でのメリットもたくさんあることから、女性を中心に話題となっています。

 

 

高橋メアリージュンさんや安達祐実さんもプチ断食をして、ダイエットに成功しています!

 

 

女優やモデルさんにも人気のプチ断食ですが、プチ断食中にコーヒーを飲んでいいのか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

ここからは、コーヒーを飲んでもいいのか・飲んではいけないのか、プチ断食中に適している飲み物を解説します。

 

 

分からない方は、参考にしてみてください☆

 

 

<プチ断食中のコーヒーはOKかNGか>
プチ断食中に、コーヒーは飲んでいいのか?飲んではいけないのか?その答えは、賛否両論あり一概にどちらとは言えませんが、あまりオススメすることはできません。

 

 

コーヒーは、カロリーが低く、脂肪を分解したり、自律神経に働きかけてエネルギー消費を高めてくれたりと、ダイエットには強い味方であり、美肌効果もあります。

 

 

ですが、プチ断食中は食べ物を口にしないため、コーヒーに含まれるカフェインの利尿作用が強まり、脱水症状が引き起こされる一因となるなど、デメリットとなる部分が多いです。

 

 

<プチ断食中のコーヒーによるデメリット>

 

 

〜体温が下がる〜
東洋医学によると、寒い土地や寒い季節に採れたものは、体を温めるのに適しており、暖かい土地や暖かい季節で採れたものは、体を冷やす作用があると考えられています。

 

 

コーヒー豆の原産地は、主にアフリカや南米・インドネシアなどです。どの国も暖かい土地で採れているため、コーヒーは体を冷やす作用があると言われています。

 

 

そのため、プチ断食中にコーヒーを飲むと、体が冷えてしまい、血流などの急激な変化から頭痛が引き起こされてしまう可能性があります。

 

 

〜胃腸に負担がかかる〜
プチ断食中は、何も口にしないため、体は栄養素が足りてない状態なので、胃や腸などの消化器官も通常通り動けない状態です。

 

 

そんな状態の時にコーヒーを飲むと、胃もたれや吐き気を引き起こす可能性があります。

 

 

なぜ、胃もたれや吐き気が引き起こされるのかというと、コーヒーに含まれるカフェインには、胃酸の分泌を促す作用があり、プチ断食中にような胃が空っぽの状態でコーヒーを飲むと、胃酸で胃の粘膜が荒れてしまい、消化が進まないためです。

 

 

〜栄養素が消耗する〜
コーヒーに含まれているカフェインは、ビタミンやミネラル・亜鉛・カリウム・酵素をたくさん消耗してしまいます。

 

 

せっかく、プチ断食でこれらの栄養素を活性化したのに、コーヒーを飲んでしまっては元通りに戻ってしまうどころか、十分に吸収されないことにより、疲れやだるさが残ってしまうなんて可能性もあります。

 

 

上記のような場合は、あくまでプチ断食中のデメリットです。

 

 

通常時にコーヒーを飲むと、リラックス効果や、肝臓がんや肝硬変など肝臓の病気の予防・2日酔いの解消・うつ病の予防など、たくさんのメリットがあります。

 

 

<プチ断食中に適している飲み物>
プチ断食中は、牛乳や豆乳・糖分やカフェインの入っている飲み物は避けましょう。

 

 

コーヒーに代わるものとして挙げられるのは、水や炭酸水・白湯・具なしの味噌汁・ハーブティー・ルイボスティーなどです。

 

 

ハーブティーは、種類も豊富ですし、良い香りもしてリラックス効果もあります。

 

 

ルイボスティーは聞き慣れない方も多いと思いますが、ほんのり甘味があり飲みやすいお茶です。このお茶には、酵素やミネラルがたくさん含まれていて、栄養素が不足しがちなプチ断食中には、もってこいのお茶です!

 

 

<プチ断食中のコーヒーはOK?適している飲み物も紹介♪:まとめ>
プチ断食は、半日や1日から気軽に始められて、ダイエット効果もあり、女性を中心に人気を集めています。

 

 

また、ダイエット効果だけでなく、美容や健康にも良いとされていることから、実践している芸能人も多いです!

 

 

人気を集めているプチ断食ですが、カフェインが含まれているコーヒーは、プチ断食中に飲むと、さまざまなデメリットがあり、あまりオススメできません。

 

 

ここで解説した、プチ断食中のコーヒーを飲む上でのデメリットや、適している飲み物を参考にして、プチ断食を実践してみてください♪

 

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁はAmazonで買える?